影分身で空を飛ぶ

主成分:百合・野中藍・漫画・声優
カテゴリについては「はじめに」を参照のこと。
ちなみに本拠地は『一撃必倒コンソメパンチ』というサイトです。リンクから行けます。
<< 溢れんばかりの、あい。 | main | お買い物 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
DVD【AIPON BEST BOUT 2010】

100629_210030_ed.jpg




今日(4日)一日かけて、DISC1のコメンタリーなし本編とDISC2全部、見ました。


感じたこと、思ったこと、言いたいこと、それはもうたくさんあります。よかったところ、悪かったところ(…はそんなになかったですけど)、たくさんたくさんあるんですが、それを全部ひっくるめて、あえて一言で言います。



惚れ直した!


惚れ直した!!


惚れ直したぁあっ(〃´Д`〃)=3



三言になっちゃった。
いや、もう本当にね、感想を言おうと思ったら、いくらでも言いたいことはあるんですよ!!
でもそういうの書き始めると、どこをどう言ったらいいのかわかんないし、この胸の内は言葉では書き表せないんです。
とにかく、惚れ直した。というかもっともっと好きになった。

これ以上ないくらい野中さんのことを好きだと思っていたんですが、いや、まだまだ上があったんですね。びっくりです。


ということで、はい。
ここで終わればいいんだと思うんですが、これはちょっと感想としてどうだろうかという感じなので、続きにその『言葉で表せない』部分をあえて言葉にしてみますね(^^;)

先に言っておきますが、『これを歌ってる時のあいぽんのこんなところがよかった』とか、そういう感想はライブに行った人がすればいいと思っています。
DVDでライブを見た私が、あえて言うことではないと思うんです。

よって私がこれから書くのは、全体的に感じたこととか、ライブそのものとはあまり関係のない、野中さん個人への感想というか、そういうものです。上手く説明できませんけど(´ω`;)

まず、なぜフラゲしたくせにこんなに経ってから見始めたのかということについて。

正直な話、私はあんまりライブDVDを見たくなかったんです。
明確な理由はないんですけど、なんか、あまり気がすすみませんでした。

ぼんやりとした理由を言うなら、これまでのライブDVDを見た時に、舞台メイクが濃くて、それがあんまり好きじゃない……というのがあります。
あとは、ラリルれの野中さんに慣れすぎて、逆にアニメやTV等のラジオ以外の仕事をしてるのを見るのが恥ずかしい……というのもあります。


例えば、アニメでラブシーンがあったとします。
そんな時、知らない声優さんならば普通に見れるんですが、ラジオや他の番組等である程度知ってて、なおかつ思い入れのある声優さんだったりすると、恥ずかしくてまともに視聴できないということが多々あるんです。

そしてそれが野中さんだったら、まあなんてゆうか、見てられないですよね。気が気じゃない。

それと同じく。ライブパフォーマンスをしてる野中さんを見るのがとても恥ずかしいんです。見てられないんです。なんか、わー≡(*/▽))ってなっちゃう。


それでも見る決心をして、ついに今日(4日)、見たわけです。


実際、再生して10分くらいは頻繁に一時停止したり、「恥ずかしいよぉ!」って30秒おきくらいに言いながらみてました。だってなんか恥ずかしいんですもん!見てられなかったんですもん!!

とにかく、青い衣装の間はずっとどきどきしながらみてました。

でもその後、バラードパートに入ってから。なんで私はもっと早くこれを見なかったんだろうと後悔しました。いや、見てるときは食い入る様に見てたんでそんなことは思わなかったんですけど、見終わったあとにね。もっと早く見ればよかったと思いました。


野中さんにとっては嬉しくない言葉かもしれないんですけど、やっぱりね、頑張ったんだなぁって思ってしまいます。
でも私は目標に向かって頑張れる人はすごいと思うし、憧れるので、私にとっては最高の褒め言葉なんですよ?


あ、あと危惧していたメイクね。
なんだもう、すごい可愛いじゃないですかっ!
(*´Д`)=3=3

ぶっちゃけ女子はスッピンが一番可愛いと思う!
野中さんもスッピンで十分可愛いってゆうかスッピンでいいと思う!

人前に出る以上化粧をするのが女子としてのマナーだとも言われますが。


ファンデーションの質感よりも断然素肌の方が萌えるだろうがぁ!!!


まあスッピンではなかったですけど(´∀`)
普通にメイクしてました。でもいつもの舞台メイクっぽいのじゃなくて、薄い感じですっごく可愛かった!!
やっぱあれなんでしょうか。『闘い』を意識してたから、あんまりメイクバチバチにはしなかったんですかね??ちょー可愛かった。
ああ、もう、可愛かった!!


あとは、そうですね……
CDよりも上手く歌えてる曲がいくつかありましたね。てゆうか全体的に上手かったですよね?そーゆうところも「頑張ったなぁ」って言いたくなっちゃうんですけど、言われたくないかなぁ(´×`)


つまり総合的に言うとやっぱり、

惚れ直したっ!!!


ってことになっちゃうんですよね(*´∀`)

コメンタリーONはまだ見てないんですけど、早く見たいです。あとブックレットとか、まだ読めてないので早く読みたいです。



以上、何故か新幹線や車から降りてくるところにものすごく萌える管理人がお送りいたしました。

| 加村こん | 声優報告書 | 02:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:38 | - | - | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ac
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE